新潟県内の不動産 お任せください

刈羽村の総合不動産会社 有限会社くしま

不動産査定

■相場を知る

不動産の売却を検討するに当たって大きな検討課題となるのが価格です。不動産は個別性が非常に強い資産であるため、価格の判定が極めて難しいという特徴があります。最終的には、不動産会社などの専門家の意見を参考にしながら、価格を決定することとなりますが、不動産価格の合理的な判断手法はありません。

 

■価格の基本的な考え方を理解する

【同じ不動産は存在しない】

不動産には一つとして同じものが存在しません。同じ地域の土地でも、土地の形、面積、方位、接する道路の状況などによって、価格が大きく変わることがあります。また、同じ棟のマンションでも、階数、間取り、部屋の方位、管理状況などによって価格は変わります。このように、不動産価格を判断する場合には、立地条件や物件自体の特徴(これを一般に「個別性」といいます)を踏まえて、物件ごとに検討する必要があります。

 

【取引時点が変われば価格は変わる】

不動産市場にも、全体的な相場の動きがあります。たとえ同じ不動産であっても、取引する時期(これを一般的に「取引時点」といいます)が変われば、価格も大きく変わる場合があります。したがって、不動産価格を判断する場合には、市場全体の動向も踏まえて、取引時期に応じて検討する必要があります。

 

【最終的には売り手と買い手の合意が前提】

不動産売買は、スーパーなどで買い物をするように、提示された金額に対して「買うか、買わないか」の二者択一で成立するものではありません。売り主と買い主が個別に希望条件を調整し、合意に至ったときにはじめて価格が確定します。

 

■価格の評価手法を知る

売買を目的とした不動産の価格評価を一般的に「価格査定」といいます。価格査定にはいくつかの手法がありますが、主に以下の手法を用いた査定を行います。これに、固定資産としての評価、建物であれば減価償却等を総合的に判断して評価を行います。

【取引事例比較法】

売買しようとする不動産と同じような不動産の取引事例等の価格と比較することで、価格を査定する方法です。まず、対象不動産と取引事例等の価格をベースに対象不動産の概ねの価格水準を査定します。その上で、取引時期の違いについて市場全体の動向を加味して一定の調整(これを一般的に「時点修正」といいます)を行います。

 

■査定の結果が出たら

査定価格が高ければ嬉しいですし、低いようであればがっかりしますよね。不動産会社が査定した価格は、自分が想像していた価格とは大きく差がでることがほとんどです。大切なのは、「理想と現実のギャップを知る」ことです。あくまで査定は一つの参考ですが、現実をきちんと知ることと、しっかりと売却できる道筋を一緒になって考えてくれる不動産会社を選びましょう。

 

原則「無料」にて、不動産価格査定を致しますので、不動産の売約をお考えの方は、是非一度弊社の不動産価格査定をご依頼ください。

 

お問合せ

☎:0257-20-3773

✉:info@kushima.co.jp

Fudousan Plugin Ver.1.4.5